忠作窯

ABOUT

“やきもの”は目で見るだけでなく、手で観るともいわれます。手で触れてみる事で見えてくるモノもあります。手が喜ぶ器に出会う事ができるかもしれません。
是非、是非、立杭へ。
焼締のうつわ、モダンなうつわ、普段使いの器などを作っております。急須、土瓶などの茶器も多数展示即売致しております。(市野忠作)日々の生活に潤いをあたえてくれる、そんなモノをと思っています。(市野雅利)
引出物、記念品等の注文も承っております。ご用命の方、ご質問の方は下記まで。

INTERVIEW

廃校になった小学校の机や椅子、昔のスケートリンクのロッカーなど、レトロな家具に囲まれた工房でお話を伺ったのは、市野雅利さん。学生時代に始めた卓球は、高校を卒業してから今も年に一度、今田町の大会に出場しているそう。昔は地元の小学生に教えたり、息子さんが幼い頃には家で一緒に練習していたそうですが、今はなかなか練習も出来ないので、ほとんどぶっつけ本番で大会に挑むそうです。大会には男女関わらず中高生も参加するそうで、いざ本番になると「学生には負けたくない!」とムキになったりもすると笑ってらっしゃいました。

WORKS

INFO

窯元名
忠作窯
作家名
市野忠作(いちのたださく)
市野雅利(いちのまさとし)
住所
〒669-2135 兵庫県丹波篠山市今田町上立杭16
TEL
079-597-2679
FAX
079-597-2679